読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pro Mania

ProMania 映像写真関係のニュースと個人の活動紹介

キヤノンのEF16-35mm F2.8L IIの後継レンズが計画中?[うわさ]

カメラ うわさ キヤノン ガジェット

CanonRumorsキヤノン新型レンズが掲載されています。

f:id:kuwazii:20150330173748j:plain

画像は現行のEF16-35mm F2.8L II USM

via EF 16-35mm f/2.8 II Replacement [CR1]

以下翻訳

 

以前にキヤノンから次に登場する "L"レンズが単焦点であると述べた。私たちはそのレンズの焦点距離を知らないが、EF35mm F1.4が有力候補である。

 

キヤノンは、EF24-70 F2.8L II以来、F2.8のズームレンズをリリースしていないが、それは来年のいつかに登場するかもしれないEF16-35mm F2.8の後継レンズが登場するかもしれない。この後継レンズは焦点距離がわずかに変更になると聞いている。おそらく、焦点距離はEF15-35 F2.8Lのようになると考えられる。

 

このレンズの系譜を見ると、焦点距離は過去に数回変更さている。最初は、EF20-35mm F2.8L、その後EF17-35mm F2.8Lになり、もっとも最近のEF16-35mm F2.8Lは2バージョンだった。

 

イベントカメラマンは仕事のために可能な限りの最速のレンズを望んでいる。そして、 EF16-35mm F2.8L IIはパフォーマンスを更新した。

おそらくEF100-400mm F4.5-5.6L IS IIおよびEF11-24 F4Lの製造需要はかなりの時間収まることはない。私は、新しいレンズが近いうちに登場するとは思っていない

 

promania.hateblo.jp

 EF16-35mm F2.8Lの更新ですか。そこまで古い印象はありませんが高画素機への最適化がメインでしょうか。噂もCR1なのでまだ確信のある噂とは言えないみたいですが期待して待ちましょう。