読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pro Mania

ProMania 映像写真関係のニュースと個人の活動紹介

キヤノンがEF800mm F5.6 DO IS を開発中?[うわさ]

うわさ カメラ ガジェット キヤノン レンズ

CanonRumorsキヤノンの超望遠レンズに関するが掲載されています。

f:id:kuwazii:20150812051426j:plain

画像はEF400mm F4 DO IS II USM

via Canon EF 800mm f/5.6 DO IS in Development? [CR2]

以下翻訳

 

キヤノンがEF400mm F4 DO IS USMを更新するとき、彼らがまだDO技術のレンズを開発しており、我々はより多くのEFレンズラインナップに追加され我々が目にすることができるいい兆候であると感じた。

EF800mm F5.6L ISの更新に関する言及はEF600mm F4L IS IIがアナウンスされた2011年後半以来なく、市場に登場しないのではと感じていた。
このようなレンズは、ボリュームが低い命題であり、キヤノンは他のエリアのレンズで儲けることができる。

私は800mm DOについて最近フォーラムで人々が購入するのか、どのようなコストで買うかを話題にしていたのを見た。
キヤノンが実際DO超望遠レンズの開発を継続し、800mmの光学設計の一つにされていることを長い会話の後に語られていた。
過去の特許がEF800mm F5.6 DOのための光学設計を示していた。
私は800mm F5.6Lのいずれかの更新であれこのレンズがDOになるという感覚があった
このレンズはいくらのコストがかかるだろうか。
私は$15,000から$20,000の間のどこかだと思う。
何も差し迫った情報ではないが、良いの会話だった。

 

 

キヤノンが新型の単焦点超望遠望遠レンズを開発中であるという噂は800mmではないですが過去にありました。

しかし今回はそれが800mmのレンズでDOレンズになるいうことでもし発売するなら主切った選択ですね。どのレベルまで小型軽量化するのでしょうか。