読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pro Mania

ProMania 映像写真関係のニュースと個人の活動紹介

ソニーが「空間光学ブレ補正機能」を初搭載したアクションカムを発表

カメラ ガジェット ソニー 製品紹介

ソニーは、激しいブレも抑えて高精細な映像を撮影できる「空間光学ブレ補正機能」を初搭載4Kアクションカム『FDR-X3000』とHD対応モデル『HDR-AS300』を発表

f:id:kuwazii:20160620160822j:plain

 via プレスリリース | ソニー

 

ソニーは、レンズユニットを新たに開発することで、アクションカムに「空間光学ブレ補正」機能を初めて搭載し、動きの激しいブレを抑えて高精細な4K(3840×2160)動画を撮影できるデジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム『FDR-X3000』フルHD対応モデル『HDR-AS300』の2モデルを発売します。

 

主な特長

  • 1. 「空間光学ブレ補正」機能

f:id:kuwazii:20160620161957j:plain

カメラのレンズユニットを新たに開発することで、ビデオカメラレコーダー ハンディカムでご好評いただいている空間光学手ブレ補正機能を、コンパクトなアクションカムに初めて搭載しました。レンズとイメージセンサーが一体となって動き、ブレを補正
4K対応モデル『FDR-X3000R』、『FDR-X3000』は、4K動画でもブレを抑えて撮影可能です。また全モデルでハイスピード撮影時のブレ補正にも対応します。

 

  • 2. 新開発のZEISSテッサーレンズ

新開発のZEISSテッサーレンズは、解像力・コントラスト・色再現性に優れており、さらに広角レンズでありながら画面周辺部の歪みを軽減して、自然な映像を実現します。

 

  • 3. 雨の日でも使える本体防滴性能や水深60mまで水中撮影可能

f:id:kuwazii:20160620161930j:plain

両モデルは本体防滴に対応し、雨の日や水しぶきのかかるシーンでもカメラ本体のみで使用できます。さらに水深60mまでの水中撮影に対応し防塵性・耐衝撃性も備えたアンダーウォーターハウジング『MPK-UWH1』を同梱しています。特別に設計された平面レンズにより、水中でも画面の隅々までクリアな撮影が可能です。

f:id:kuwazii:20160620160822j:plain

f:id:kuwazii:20160620160816j:plain

発売予定日は両モデルも6月24日を予定 価格はオープン