読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pro Mania

ProMania 映像写真関係のニュースと個人の活動紹介

キヤノンのEOS-1D X Mark II とSanDisk製 CFastカードとの組み合わせで画像データの一部が破損する恐れ

キヤノンとサンディスクEOS-1D X Mark II においてSanDisk製 CFastカードとの組み合わせで画像の一部が破損する恐れがあることを報告

f:id:kuwazii:20160201192732j:plain

 via キヤノン:サポート

 

平素はキヤノン製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

2016年4月に販売開始した 「EOS-1D X Mark II」 において、SanDisk CFastカードとの組み合せで撮影した静止画像で、下記の現象が発生することが確認されました。

本製品をご使用のお客さまには、ご迷惑をおかけしますことを謹んでお詫び致します。

 

現象

SanDisk CFastカードを、カメラ本体またはカードリーダーに装填してご使用した際に、SanDisk CFastカードに記録した静止画像の一部(下部)が異常となることがあります。
RAWおよびJPEG記録の両方で現象が確認されています。

※動画記録は問題ありません。
※CFカードへの静止画および動画記録では、本現象は発生しません。

 

原因

SanDisk CFastカード側に問題があります。カメラ側の問題ではありません。

 

対象製品

「SanDisk CFastカード」

SanDisk CFastカードは、以下のモデルが対象となります。末尾の “xxx” は販売地域により異なります。

  • SanDisk Extreme PRO CFast2.0 64GB (SDCFSP-064G-xxx)
  • SanDisk Extreme PRO CFast2.0 128GB (SDCFSP-128G-xxx)
  • SanDisk Extreme PRO CFast2.0 64GB (SDCFSP-064G-xxxA)
  • SanDisk Extreme PRO CFast2.0 128GB (SDCFSP-128G-xxxA)
  • SanDisk Extreme PRO CFast2.0 64GB (SDCFSP-064G-xxxB)
  • SanDisk Extreme PRO CFast2.0 128GB (SDCFSP-128G-xxxB)

 

対応について

SanDisk CFastカードに問題があることが確認されておりますが、弊社におきましては、7月上旬に本現象を回避するためのカメラファームウエアのウェブダウンロードサービスを開始する予定です。

 

回避策について

7月上旬に予定している対策カメラファームウエアのウェブダウンロードサービス開始までの間は、下記の操作により、大切な画像の破損を回避することができます。

カメラの電源がオフ※1になる直前のデータ容量約16MB分の画像が異常となります。そのためオートパワ―オフを「しない」に設定した上で、撮影の最後に消去しても問題のない容量16MB以上の画像の撮影※2を行ってください。
※1カメラの電源がオフになるのは、カメラの電源スイッチをOFFにする、カードスロットカバーを開く、およびオートパワーオフの設定で電源が切れた場合です。
※2データ容量目安
<RAW> RAW:23.2MB/M RAW:18.5MB/S RAW:12.7MB
<JPEG> L:6.2MB/M1:4.3MB/M2:3.4MB/S:2.2MB

 

サンディスクも同時に問題を報告しています。

キヤノン EOS-1D X マーク II カメラとサンディスク CFast カードとの互換性についての重要なお知らせ
一部のお客様において、サンディスクCFastカードに起因する以下の問題が発生することを確認しております。サンディスクCFastカードをキヤノンEOS-1DX Mark IIで使用した場合に、極稀に記録した静止画像の一部(下部)が異常となることがあります。
キヤノンとサンディスクは共同で、このカードの問題に対応するカメラファームの開発を行っており、まもなくリリースできる見込みです。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、本問題が発生したお客様は、

以下のサイトに掲載されているサンディスク・カスタマー・センターへご連絡ください。https://www.sandisk.co.jp/about/contact

その際、サンディスク エクストリームプロ CFast2.0カード (SDCFSP-064G-xxxx もしくは SDCFSP-128G-xxxx) を購入し、Canon EOS-1D X Mark IIとの組み合わせで使用していることをお伝えください。

 

カードでの処理の問題か?

筆者のEOS-1D X Mark IIはカメラ発売時期に海外店舗で購入したCFast2.0カード Lexar Professional 3600x CFastの256GBを使用していますが現在まで全く異常は見られないためやはりサンディスクのCFast側の問題なのでしょう。
電源を切る直前の16MBが問題とのことですがカメラ電源オフ時のカード側のキャッシュ関係の後処理に原因がありそうです。