読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pro Mania

ProMania 映像写真関係のニュースと個人の活動紹介

ソニー α99 IIの日本国内での販売時期などを発表

ソニーは、9月19日に欧米市場に向けて発表したレンズ交換式デジタル一眼カメラα™ Aマウント最上位機種『α99 II』(ILCA-99M2)を、日本市場向けに11月より発売する予定。

f:id:kuwazii:20160928125644j:plain

via α99 II | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

 

ソニーは、世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina 2016」(ドイツ・ケルン)に先立ち、9月19日に欧米市場に向けて発表したレンズ交換式デジタル一眼カメラα™ Aマウント最上位機種『α99 II』(ILCA-99M2)を、日本市場向けに11月より発売する予定です。

本商品の発売日、価格、お客様向け先行展示などの詳細については、追ってご案内いたします。

 

 

α99 IIの特徴

 

新開発ハイブリッド位相差検出AFシステムを搭載

f:id:kuwazii:20160928125955j:plain

79点の測距点を誇る専用位相差AFセンサーの採用に加え、イメージセンサー上には世界最多399点像面位相差AFセンサーを搭載。加えてソニー独自の「トランスルーセントミラー・テクノロジー」により、常にイメージセンサーとAFセンサーに光を導くことで、2つの位相差AFセンサーを同時に駆動。さらにAFのアルゴリズムも刷新した「ハイブリッド位相差検出AFシステム」を新開発しました。広範囲・高密度に配置された2つの位相差AFセンサーの情報を用いることで、AFの速度・精度の向上に加え、追従性能も大幅に向上し、かつてないAFシステムを実現。動体撮影でも高いパフォーマンスを発揮し、被写体を素早く正確に捉えて逃しません。

 

35mmフルサイズ裏面照射型の有効約4240万画素「Exmor R(エクスモア アール)」CMOSセンサー搭載

f:id:kuwazii:20160928130334j:plain

有効約4240万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載。ギャップレスオンチップレンズ構造やARコーティング(反射防止膜)付きシールガラスに加えて裏面照射型構造の採用により、画素サイズが縮小しているにも関わらず集光率を大幅に向上。これにより、有効約4240万画素という解像度を達成しながら、高感度・低ノイズ性能と広いダイナミックレンジを実現。常用ISO100-25600、拡張ISO50-102400の幅広い感度域での撮影を可能にしました。

 

有効約4240万画素の性能を最大限に引き出す、光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構

f:id:kuwazii:20160928130528j:plain

フルサイズ対応5軸手ブレ補正機構をAマウント用に新開発。焦点距離が長くなるほど起こりやすい角度ブレ(Pitch/Yaw)に加え、マクロ撮影時などに顕著に現れるシフトブレ(X/Y)、夜景撮影時や動画撮影時に目立つ回転ブレ(Roll)の5軸でブレを検出し補正します。高精度ジャイロセンサーが細かいブレを正確に検出して補正を行うことで、最高4.5段分の補正効果を実現。有効約4240万画素の高解像性能を最大限に引き出します。さらに、静止画撮影時と同様に動画撮影時でも5軸で手ブレを補正するため、精度の高い手ブレ補正を実現しています。