読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pro Mania

ProMania 映像写真関係のニュースと個人の活動紹介

ソニーが20コマ/秒のフルサイズミラーレス一眼 α9 を正式発表

ソニーが世界初メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサー搭載のフルサイズミラーレス一眼 α9 を正式発表しました。

f:id:kuwazii:20170421172614j:plain

via プレスリリース | ソニー

 

ソニーは、世界初メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを搭載し、新次元の高速性能を持つレンズ交換式デジタル一眼カメラ 『α9』を発売します。本機は、AF/AE追従20コマ/秒※3のブラックアウトフリー連続撮影をはじめとする高速性能の実現と、高い信頼性・操作性を求めるスポーツや報道のプロフェッショナルの使用を想定した一眼カメラです。

 

発売日は5月26日 発売予定
店頭予想価格は税別50万円前後

f:id:kuwazii:20170421173431j:plain

 

主な特長

1.光を捉え続ける革新的な新イメージセンサーにより新次元の高速性能を実現

読み出しスピードが従来機比20倍以上に高速化した世界初メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサーと、進化した画像処理エンジンBIONZ Xとの組み合わせにより、最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影、最大60回/秒の演算によるAF/AE追従や、最高1/32000秒の歪みを極限まで抑えるアンチディスト-ションシャッターなどの高速性能を備えます。大容量のバッファメモリーにより、20コマ/秒連写で圧縮RAW241枚/JPEG362枚の連続撮影が可能で、スポーツ撮影などにおいて、被写体の一連の動きを確実に捉えることができます。画質でも、イメージセンサーの裏面照射型構造による高い感度特性に加えて、進化した画像処理エンジンBIONZ Xなどにより、常用ISO100-51200 (拡張ISO50-204800) の広い感度域において、高い解像感と低ノイズ・広いダイナミックレンジを両立させます。

 

2.緊張が高まる静かなシーンでも撮影できるサイレント撮影機能

電子シャッターの使用により、サイレント撮影が行えます。極限まで緊張が高まるスポーツシーンや野生動物の撮影など、シャッター音を伴う撮影が憚られるような場面でも撮影でき、無振動のため解像感への影響がなく高画質に撮影できます。高速かつ静粛な連写がフルサイズ一眼カメラで可能となったことで、プロフェッショナルの活躍の場が大きく広がります。

 

3.プロの撮影現場でも活躍する機動性、操作性、信頼性

 

673gの小型・軽量ボディに、プロの高いレベルの要求にも応える性能などを凝縮。充実の基本性能と多彩な関連アクセサリーをそろえ、厳しい環境下においても撮影者の創造力や可能性を広げます。

  • 無線LANに加えて、有線LAN端子による安定した通信環境でのFTP転送やFTPS(SSL/TLS)暗号化に対応
  • 堅牢性を高めたマウント部とグリップ
  • 約369万画素 60fps/120fpsで表示可能な高精細・高輝度 Quad-VGA OLED Tru-Finder
  • 静止画・動画ともに有効な最高5.0段のボディ内5軸手ブレ補正機構
  • メディア間の同時記録、振り分け記録、コピーなどが可能なSDカードスロット(UHS-II対応)とSD/MSカードスロット
  • 迅速なフォーカスエリア選択が可能なマルチセレクターやドライブモードダイヤル、フォーカスモードダイヤル、AFオンボタンなどを搭載する高い操作性
  • 約2.4倍(6K相当)の情報量を凝縮しフルサイズ領域で全画素読み出しによる高解像4K動画
  • 最大5倍までのスローモーションと、最大60倍までのクイックモーション撮影機能
  • 自由なアングルで撮影でき、タッチ操作にも対応するチルト可動式液晶モニター
  • 防塵・防滴に配慮したボディ設計
  • 新開発で従来機比約2.2倍の高容量バッテリーと関連アクセサリー
  • 新開発のバッテリー『NP-FZ100』は従来機比約2.2倍の高容量となり、ファインダー使用時に約480枚の静止画撮影が、また別売の縦位置グリップ『VG-C3EM』を装着すれば約950枚の連続撮影が可能です。さらに、最大4個のZバッテリーを充電可能な別売のマルチバッテリーアダプターキット『NPA-MQZ1K』を使用すれば、長時間の動画撮影も安心して行えます。