読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pro Mania

ProMania 映像写真関係のニュースと個人の活動紹介

キヤノンのフルサイズ機の今後[うわさ]

CanonRumorsキヤノンのフルサイズ機に関するが掲載されています。

f:id:kuwazii:20150123133952j:plain

画像はEOS-1D X

via Canon’s Full Frame Future [CR2]

以下翻訳

 

私たちのソースの1つがささいな情報を与えたが、現時点では非常に「曖昧」だ。

 

EOS 5D MarkIV

このカメラの焦点は、解像度よりも高感度重視したパフォーマンスとなる。新型DIGICプロセッサを搭載し、新たなフラッグシップAFシステムのバージョンを持つ。我々が2月に聞いた1800万画素センサーは、カメラ本体にてテストを行っていた、ユーザーはISOパフォーマンスの数ステップ向上のために400万画素を犠牲にできるだろうか。私は望んでいるに違いないと思っている、APS-C提供の解像度がフルフレームセンサーの開発でのプロシューマ&プロ市場の方法上の関係を持っているとは思わない。
EOS 5D MarkIVに4K動画機能が搭載されるかは、現時点では五分五分であると考えられる。

 

EOS 6D MarkII

このカメラは、より良いAFシステムNFCのようないくつかの他の特徴が搭載され、僅かに高級志向になると言われている。また、このカメラはEOS 5D MarkIVよりも高い解像度のセンサーが搭載される可能性があると聞いている。ソースはこのことを確認できていないが、すべての兆候が物語っていると述べた。解像度については、EOS 6D MarkIIは解像度情報が与えられていなかったが、私は2400万画素から2800万画素センサーなると考えている

 

EOS-1D X MarkII

このカメラの目標は、ISO感度パフォーマンスだけでなく、業界をリードするダイナミックレンジの改善で、このカメラではいくつかのC300 MarkIIの技術が搭載される。新しいフラッグシップAFシステムと連写速度が増す。誰もEOS-1D Cにフォローアップを期待しないように4K動画は可能性がある